読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

10% blog

フィリピン・マニラの街道中、時々ラグビー。からの起業へ(アジアの家具王になるための日記)

中国人からみた北朝鮮

今、中国の大連にいます。

大連からは、北朝鮮は目と鼻の先です。新幹線で北朝鮮の国境沿いに行くことができます。

 

 ホテルで、中国語しかできないスタッフにチェックイン時にいろいろ言われました。しかし、私は中国語ができないので、そこに泊まっている英語ができる中国人の女子大生に助けてもらいました。

 

f:id:realize10:20170519114249j:plain

 

 内容は、「明日ホテルが休みになるかもしれないあるよ。だからホテルを変えてもらうかもしれないあるね。あなただけでなく、宿泊客全員ね。」みたいな内容です。そんなwwwって感じです。結局そのホテルはキャンセルして、別のホテルに変更しました。

 

 そのあと、少しその女子大生と話しました。彼女は、今大学を休学していて、北朝鮮に行っていたそうです。一度中国に帰国し、次は大阪に行くそうです。以前はアメリカのカリフォルニアに留学していたそうです。

 

 そこで、聞かれたのは、「北朝鮮は危ないの?」っていうことです。アメリカの友達や日本の友達からメッセージがいっぱい来て、北朝鮮は危ないよと言われたらしいです。

 

 付け加えて、「日本政府は日本人が北朝鮮に行くことを禁止していますか?」と聞いてきました。

 

 私は、答えました。

 

日本人は北朝鮮に行くことはできない。(正式には、渡航自粛)

韓国に駐在している人も、危険だから帰ってきたほうがいいみたい。

そして、今朝、北朝鮮はミサイルを発射したよ。(この日は2月15日、北朝鮮がミサイルを亀城から発射した日でした)

 

彼女は、唖然とした表情をしていました。

中国国内では北朝鮮に対して関心度は非常に薄いようで、ニュースでもあまり取り上げられていないようです。

 

日本人と中国人の北朝鮮に対する認識がかなり差があるように感じました。

 

 

 

 

 

死なないために(スタートアップ)

死なないために(スタートアップ)

 

 Y Combinatorのポール・グレアムによる「死なないために」の日本語訳を読んでみて。

 

f:id:realize10:20170511223228j:plain

 ポール・グレアム氏がここで言っていることは、スタートアップは、死ななければ金持ちになれるといっている

 

参照開始

 ただ死を免れることができれば金持ちになれる。冗談のように聞こえるかもしれないが、これは典型的なスタートアップで起きることを良く言い表している。そしてこれは確かにViawebで起きたことだ。私たちは金持ちになるまで死を回避し続けたのだ。

中略

 私たちから見て近づきつつある終焉の目印になるのは、彼らから連絡が途絶えるということだ。スタートアップから2、3カ月音沙汰がなく、彼らの噂も聞かなくなったなら、それは悪い徴だ。メールを送ってどんな具合か聞いても返事が返ってこないなら、それは本当に悪い徴だ。これまでのところ、これは100%正確な指標になっている。参照終了

 

 では、スタートアップが死なないためにはどうすべきか?それは2つあるという。

 

1.やる気をなくさないこと

 

参照開始

  スタートアップが死ぬときには、公式の理由はいつも資金切れか、主要な創業者が抜けたためとされる。両方同時に起こる場合も多い。しかしその背後にある理由は、彼らがやる気をなくしたためだと私は考えている。取引したり新機能を作り出したりして24時間働き続けているスタートアップが、つけを払えなくてISPからサービスを切られたために死んだというような話はめったに聞かない。

スタートアップがキーを打っている最中に死ぬことはめったにないのだ。だからキーを打ち続けよう!

 しがみついてさえいれば金持ちになれるというのに、こうも多くのスタートアップがやる気をなくして失敗するのは、スタートアップをやるというのがすごく滅入るものになりうるということだ。これは確かにその通りだ。私がかつてそこにいて、そしてその後他のスタートアップをやらなかったのはそのためなのだ。スタートアップにおけるひどい時期というのは、耐えがたいほどにひどいものだ。たとえGoogleであろうと、何も救いがないように思える時期があったはずだ。参照終了

 

2.続けること

 

参照開始

  もうひとつ不安に思えるけどスタートアップにおいては正常なことに、自分のやっていることが機能していないように感じられるというのがある。そんな風に感じられる理由は、君たちのやることがたぶん機能しないからだ。スタートアップがものごとを最初から正しくやるということはほとんどない。それよりずっとありそうなのは、何かをローンチするが、誰も注意を払わないということだ。そうなったとしても、失敗したと思わないことだ。スタートアップではそれが普通のことなのだ。しかし何もせずにぶらぶらしていてはいけない。繰り返す ことだ。

 誰かが本当に好きになるものを作るべく試みよというポール・ブッフハイトの言葉を私は気に入っている。ほんのわずかのユーザーであっても、その人たちが夢中になるものを作れたなら、正しい方向に進んでいるということだ。自分の作ったものを本当に気に入っているユーザーが一握りでもいるというのはすごくやる気になる。そしてスタートアップはやる気で動いているものなのだ。それだけじゃない。彼らは何にフォーカスすべきかを教えてくれる。彼らが気に入っているのはどこなんだろう? それをもっとやることはできないだろうか? そういったことが好きな人たちはどこへ行けば見つかるのだろう? 君たちのことを気に入っているコアとなるユーザーがいるなら、あとやるべきことは、それを広げていくということだけだ。時間はかかるかもしれないが、やり続けていれば、最後には勝つことができる。参照終了

 

 ポール・グレアム氏は、最後にこう付け加えられている。「あきらめるな」。

 

参照元http://www.aoky.net/articles/paul_graham/die.htm

 

Yコンビネーターとは、伝説のハッカーポール・グレアム率いるシリコンバレー最強のスタートアップ養成スクール。

f:id:realize10:20170511223245p:plain

廃校×ART MIX

 実家に帰省した時に、ちょうど地元でアートのイベントが開催していました。

廃校になった母校の小学校でも、そのイベントが開催されていたのでちょっと覗きに行きました。
f:id:realize10:20170509105951j:image
f:id:realize10:20170509110132j:image

 そこで、歩くたびに20年前の小学生だったころに記憶が鮮明に読みがってきた。


f:id:realize10:20170509110243j:image

 Jリーグ開幕もあってサッカーがちょうど人気絶頂期。毎日、サッカーに明け暮れた日々。少しでも多くの時間サッカーをするために、給食を胃の中へ駆け込み校庭に飛び出す。サッカーゴールの奪い合いで上級生との喧嘩も何度か。

 授業と授業の間の10分間でも校庭でサッカーをする恐ろしいほどのサッカー熱。


f:id:realize10:20170509110214j:image

 蛇がよく出た場所。蛇が大の苦手な僕は、蛇のしっぽをもって振り回す友達にドン引き。

 

f:id:realize10:20170509110322j:image

 この砂場でよく落とし穴を作りました(笑)。

 

f:id:realize10:20170509110330j:image

  靴飛ばしや、ジャンプで飛距離競争をしたブランコ。飛距離競争でジャンプ着地時に舌を噛み死ぬかもしれないと本気で思った。

 
f:id:realize10:20170509110255j:image

池の跡

 タイムカプセルを埋めたような記憶がある場所。タイムカプセルはどうなったか知らない。


f:id:realize10:20170509110353j:image

 よく上履きが隠された玄関。私は被害にはあいませんでした。(犯人でもありません)

 

f:id:realize10:20170509110404j:image

購買委員会になってしまい、面倒だなと思った場所

 

f:id:realize10:20170509110422j:image

一度も入ったことがない場所。

 

f:id:realize10:20170509110434j:image

 水飲み場は冬に水道管が凍結し、それを知らずに水を飲もうとするが出ない。お昼近くに氷が解けて、噴水と化すことがたびたびあった。

 

f:id:realize10:20170509110451j:image

第二校庭場跡

ここには、球状の回転する雲梯(うんてい)がありました。そこでは、中に入った人が全力で走って雲梯を回し、外側にぶら下がった人を吹き飛ばす遊びが行われていました。恐ろしい遊び。

その奥が猿がいた裏山。

オオサンショウウオがいたと友達が嘘をついていた。夏にはノコギリクワガタが大人気。それとは違い、ブトムシのメス(通称:ババ。隣の小学校もそう。その隣では通称:メスブタ。)は、人気全くなし。


f:id:realize10:20170509110502j:image

夏休みなのに水泳の授業があり、学校にいったプール

 

f:id:realize10:20170509110542j:plain

 プール後に全裸で走った廊下。その後、廊下で正座させられ担任からの説教がありました。男子は、教室で着替えを済ましていました。(女子は、プールサイドのお更衣室を使う。)男同士で着替える時もチ○コを隠すのが大半の中、私は恥ずかしくもなんともなかったのでマッパで着替えていました。それを面白がる同級生や騒ぎを聞きつけた上級生が、私を煽る。そして廊下を走りだして、もっと笑いを誘うという行動に至ってしまいました。親には知らされたくない事実。その後、男子もプールサイドにある男子更衣室を使うようになりました。


f:id:realize10:20170509110511j:image

大をするときは、恥ずかしいので職員室近くのトイレを使った。チ○コは恥ずかしくないが、ウ○コは、恥ずかしい。

 

f:id:realize10:20170509110526j:image

スライディング遊びをしていて、もろに頭を打ち意識もうろうとした図書室。

 

 

f:id:realize10:20170509110555j:image

いまだに覚えている校歌。

 

f:id:realize10:20170509110604j:image

汽車

電気ではなくガソリンで動いているので汽車。(高校の時、汽車に乗っていると言うと驚かれた。)先頭車両は男子。後方車両は女子が乗車するという決まりがあった。一両しかない場合は、車両の半分で分かれていた。

 

アートを楽しむより、昔の記憶を思い出すこととなりました。

ストリートカルチャーをお部屋の中へ!

DIYを簡単に楽しむための「noashi」で、おしゃれなスケボーデッキチェアーを作成

f:id:realize10:20170419000557j:plain

 noashi スケボーデッキ専用の脚を使って、ストリートカルチャーをお部屋の中へ!かっこいいスケボーデッキに描かれているデザイン。これをお部屋の中でインテリアとしても楽しめる。さぁおしゃれなデッキを選んでチェアーにしよう。

 

 

f:id:realize10:20170419000600j:plain f:id:realize10:20170419000604j:plain

 

 使用するのはこちら。おしゃれなイラストが描かれたスケボーデッキ(10,800円)。そして「noashi」スケボーデッキ専用の脚(4,300円)。組立に必要な工具はボルトとナットを固定するのに使用する六角レンチとスパナ。

 

スケボーデッキとスチール脚に六角レンチとスパナを使ってボルトとナットで4か所を固定します。作業はこれだけで終わり。デッキの向きは、表でも裏でも使用できるので、自分の好きなデザインが描かれている方を表にできます。

 

f:id:realize10:20170419000610j:plain f:id:realize10:20170419000615j:plain

 

 これであっという間におしゃれなスケボーデッキチェアーの出来上がり!お部屋の中に持ち込んで、かっこいいストリートカルチャーを屋内でも楽しもう。

「noashi」スケボーデッキ専用の脚は梱包用の箱の中にスケボーデッキがまるまる収まるので、誕生日などの特別なプレゼントなどとして渡す時もいいですね♪

 

f:id:realize10:20170419000620j:plain

 今回スケボーデッキを購入した場所は、渋谷「MORTAR」。古くから数々の名ショップが軒を連ねる神南・ファイヤー通りに2016年オープンしたスケート・ハイストリート・アート・カフェが融合するコンセプチュアルショップ。スケボーデッキも豊富に取り扱っており、それぞれのブランド、デザイナーの個性豊かな作品が揃います。ディスプレイのオシャレに陳列され、見る人を楽しませてくれます。100枚以上のデッキが陳列されているため、あなたの好みにあったデッキを見つけてください。

 

「noashi」は、簡単にDIYを楽しむための脚。あなたの創造力で無限に可能性を広げることができます。DIYによって部屋のサイズにあったモノを作り上げることで、過ごしやすい住環境ができることを願っています。種類は、テーブルやシェルフなど様々。是非一度チェックしてみてください。

 

f:id:realize10:20170419000625j:plain

https://noashi.shop-pro.jp/

ビジネス・ブレークスルー大学を卒業しました

ビジネス・ブレークスルー大学(以下、BBT大学)を無事卒業を無事の卒業いたしました。

f:id:realize10:20170322180507j:plain

 大学自体は、2度目の卒業となりました。前回は工学部、そして今回は経営学部の卒業となりました。今回、取得単位は150。もっと受けたい授業がいっぱいありましたが、限られた時間の中では、難しいですね。

 

 卒業式の前日は卒業論文成果発表会があり、ゼミの教授でありシリアルアントレプレナー小林慎和先生の推薦により学部長の宇田左近先生の前での発表となりました。

ちなみに、小林先生の座右の銘

「アマチュアは考えていろ。プロは動く」

続きを読む

中国・大連のクラブ(ディスコ)

 仕事で大連へ。大連にもクラブ(ディスコ)があり、民主広場にあると聞きつけましたので、行ってきた。そこに、3つのクラブを見つけることが出来た。大連のクラブの特徴は、早い時間に盛り上げりを見せること。23時に入店した時点で大いに盛り上がりを見せていた。そして26時過ぎにはだんだんと帰りだす様子。すべてエントランスフリー。

 

1.JD's BAR

ここは、中国人だけでなく色々な国籍に人も集まっており、踊りを楽しんでいる様子。

 
f:id:realize10:20170220141402j:image

DJブース前のお立ち台


f:id:realize10:20170220141613j:image

バーカウンター前


f:id:realize10:20170220141426j:image

エントランス

 

2.TEAR KING


f:id:realize10:20170220141440j:image

エントランス


f:id:realize10:20170220141458j:image

DJブース(DJの女の子、笑顔をくれましたw)


f:id:realize10:20170220141559j:image

店内の様子

 

3.SOHO


f:id:realize10:20170220141519j:image

DJブース前


f:id:realize10:20170220141544j:image

エントランス

 

上の二つは、顧客のほとんどが中国人。踊りに来ているというよりは、仲間で席について酒を楽しんでいる様子。踊るスペースも限られているため、ごく一部の人しか踊っていなかった。

 

 以上、軽く覗いてきた様子を紹介しました。大連は治安が良さそうなので、安心して遊べそうです。このクラブがある民主広場へ行くときは、下の画像をダウンロードして、タクシードライバーに見せれば大丈夫です。あとは音を頼りにクラブまで辿り着いてください。

f:id:realize10:20170220144053j:image

フィリピンの銀行の醜い顧客対応

フィリピン大手BDO銀行の醜い顧客対応

憤りを感じさせるフィリピン大手銀行BDOの顧客対応を記載していきます。

 

 内容を先に簡単にまとめると、顧客情報管理がなっていないということ。そのため、カードの再発行ができなかった。これが銀行の対応なので、恐怖すら感じます。

 

 私はクレジットカードの盗難にあったので、カードの不正利用に合わないようにBDOへ使用停止と再発行をお願いしました。このとき、カード番号を把握していなかったので、カード番号下4桁・口座番号・氏名・住所・連絡先を伝えます。しかし、カード情報が見つからないため、新規の口座とカードを開設。その後、航空会社からフライト代金(APECによるフライト中止のため代金の返金)の送金があったと連絡がいたことから、BDOに再調査の依頼をします。

 

f:id:realize10:20170211160805j:plain

続きを読む