10% blog

フィリピン・マニラの街道中、時々ラグビー。からの起業へ(アジアの家具王になるための日記)

廃校×ART MIX

 実家に帰省した時に、ちょうど地元でアートのイベントが開催していました。

廃校になった母校の小学校でも、そのイベントが開催されていたのでちょっと覗きに行きました。
f:id:realize10:20170509105951j:image
f:id:realize10:20170509110132j:image

 そこで、歩くたびに20年前の小学生だったころに記憶が鮮明に読みがってきた。

 


f:id:realize10:20170509110243j:image

 Jリーグ開幕もあってサッカーがちょうど人気絶頂期。毎日、サッカーに明け暮れた日々。少しでも多くの時間サッカーをするために、給食を胃の中へ駆け込み校庭に飛び出す。サッカーゴールの奪い合いで上級生との喧嘩も何度か。

 授業と授業の間の10分間でも校庭でサッカーをする恐ろしいほどのサッカー熱。


f:id:realize10:20170509110214j:image

 蛇がよく出た場所。蛇が大の苦手な僕は、蛇のしっぽをもって振り回す友達にドン引き。

 

f:id:realize10:20170509110322j:image

 この砂場でよく落とし穴を作りました(笑)。

 

f:id:realize10:20170509110330j:image

  靴飛ばしや、ジャンプで飛距離競争をしたブランコ。飛距離競争でジャンプ着地時に舌を噛み死ぬかもしれないと本気で思った。

 
f:id:realize10:20170509110255j:image

池の跡

 タイムカプセルを埋めたような記憶がある場所。タイムカプセルはどうなったか知らない。


f:id:realize10:20170509110353j:image

 よく上履きが隠された玄関。私は被害にはあいませんでした。(犯人でもありません)

 

f:id:realize10:20170509110404j:image

購買委員会になってしまい、面倒だなと思った場所

 

f:id:realize10:20170509110422j:image

一度も入ったことがない場所。

 

f:id:realize10:20170509110434j:image

 水飲み場は冬に水道管が凍結し、それを知らずに水を飲もうとするが出ない。お昼近くに氷が解けて、噴水と化すことがたびたびあった。

 

f:id:realize10:20170509110451j:image

第二校庭場跡

ここには、球状の回転する雲梯(うんてい)がありました。そこでは、中に入った人が全力で走って雲梯を回し、外側にぶら下がった人を吹き飛ばす遊びが行われていました。恐ろしい遊び。

その奥が猿がいた裏山。

オオサンショウウオがいたと友達が嘘をついていた。夏にはノコギリクワガタが大人気。それとは違い、ブトムシのメス(通称:ババ。隣の小学校もそう。その隣では通称:メスブタ。)は、人気全くなし。


f:id:realize10:20170509110502j:image

夏休みなのに水泳の授業があり、学校にいったプール

 

f:id:realize10:20170509110542j:plain

 プール後に全裸で走った廊下。その後、廊下で正座させられ担任からの説教がありました。男子は、教室で着替えを済ましていました。(女子は、プールサイドのお更衣室を使う。)男同士で着替える時もチ○コを隠すのが大半の中、私は恥ずかしくもなんともなかったのでマッパで着替えていました。それを面白がる同級生や騒ぎを聞きつけた上級生が、私を煽る。そして廊下を走りだして、もっと笑いを誘うという行動に至ってしまいました。親には知らされたくない事実。その後、男子もプールサイドにある男子更衣室を使うようになりました。


f:id:realize10:20170509110511j:image

大をするときは、恥ずかしいので職員室近くのトイレを使った。チ○コは恥ずかしくないが、ウ○コは、恥ずかしい。

 

f:id:realize10:20170509110526j:image

スライディング遊びをしていて、もろに頭を打ち意識もうろうとした図書室。

 

 

f:id:realize10:20170509110555j:image

いまだに覚えている校歌。

 

f:id:realize10:20170509110604j:image

汽車

電気ではなくガソリンで動いているので汽車。(高校の時、汽車に乗っていると言うと驚かれた。)先頭車両は男子。後方車両は女子が乗車するという決まりがあった。一両しかない場合は、車両の半分で分かれていた。

 

アートを楽しむより、昔の記憶を思い出すこととなりました。

20170524012235